logo Algraph & Wolly Design
カシミヤ、キャメルヘア、羊毛に関する情報

種類:
カシミヤ、キャメルヘア、羊毛、希少獣毛



原料となる動物:
カシミヤ
カシミヤ山羊(季節的うぶ毛をもつもの)から採取され、刺毛(さしげ)の下に生える細くて柔らかい繊維がカシミヤです。外側のまっすぐで太い毛は刺毛(さしげ)またはガードヘアと称されカシミヤとは区別されます

キャメルヘア
フタコブ・ラクダから採取され、刺毛(さしげ)の下に生える細くて柔らかい繊維がキャメルヘアです。外側のまっすぐで太い毛は刺毛(さしげ)またはガードヘアと称されキャメルヘアとは区別されます。

羊毛
「ウール」という用語は「羊」及びその他の動物の毛という意味で幅広く使用されます。羊毛を産する動物は多くの種のなかで、一般的に羊毛を生産する羊といわれる動物種は学名Ovis Aries(ヒツジ)です。



地理的産地:
カシミヤ
アジア大陸の高原が産地で、主な生産国は中国、モンゴル、アフガニスタンとイランです。カシミヤの名称の由来であるインドのカシミール地方での生産は今日ではごく限られた量になっていますが、この地方で生産されたカシミヤ製品が1800年代初頭に最初にヨーロッパ人を魅了しました。

キャメルヘア
主要な生産国は中国、モンゴリア、イラン、アフガニスタン、ロシア、ニュージーランド及びオーストラリアです。

羊毛
細い羊毛の主な産地はオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカおよびアルゼンチンです。



採取方法:
カシミヤ
この特殊な獣毛繊維はカシミヤ山羊が自然にうぶ毛を落とす生え替わりの季節に採取されます。山羊のうぶ毛は春の数週間にわたって抜け落ちますが、そうしたうぶ毛は熊手のような形状の器具を使って手で採取されるか、またはハサミやバリカンなどで刈り取られます。

キャメルヘア
この特殊な獣毛繊維はキャメルが自然に体毛を落とす生え替わりの季節に採取されます。春の終わりから初夏にかけてキャメルの毛が抜け落ち時期に体表面から採取します。また地面に落ちた毛のかたまりも伝統的な手作業で採集されます。

羊毛
はヒツジから年に1度刈り取られます。毛の刈り取りは熟練した専門職人により効率よく行われ、通常の毛と汚れた毛(通常腹や足から採取されるもの)が仕分けられ、良質なフリースが得られます。



製造:
カシミヤおよびキャメルヘア
カシミヤとキャメルヘアの製造には5つの主要工程があります
- 採取
- 仕分け、洗浄、
- 整毛
- 紡績
- 織または編立
仕分けと洗浄 - 手による刺毛の仕分けが行われます。仕分けのあと、繊維は洗浄され、ほこり、油脂分や採取時に混入した植物などが除去されます。
整毛(せいもう) - 洗浄された原料は整毛されます。この工程では夾雑物、ふけ、刺毛などが除去されます。この工程を経た繊維はそのまま紡績(織りまたは編立用)することが出来ます。

羊毛
羊毛の生産は羊の毛を刈ることから始まります。部位の異なるフリースが仕分けられたあとの工程は基本的にカシミヤやキャメルヘアと同じです。



年間生産:
カシミヤ
1頭の山羊から1ポンド程度の毛が採取され、平均 0.2 から 0.2 kg のうぶ毛が得られます。

キャメルヘア
1頭のラクダから年間8~10 キログラムの毛が採取されます。

羊毛(ウール)
羊の種類により左右されます。ファイン・ウール及びスーパーファイン・ウールの場合は1頭から年間2.5k~4キログラムが採取されます。



暖かさ:
カシミヤ、キャメルヘア及び羊毛
かさばることなく、軽量で自然の断熱効果を持ちます。

カシミヤ
非常に暖かく高地や山岳の厳寒な気候から山羊を保護します。繊維は非常に広い用途に用いられ、細い糸にでも太い糸にでも、軽衣料にでも重衣料にでも容易に加工できます。あらゆる気候に適します。高い保水力が周囲の湿度変化に対応して断熱効果を保持します。

キャメルヘア
キャメルの毛は高山の寒気や吹雪の中で体温を保護する一方、砂漠の高温の中で身体を涼しく保ための温度調節機能を持っています。

羊毛
は非常に暖かい繊維ですが、暑い季節に羊の身体を日射から保護する働きもします。羊毛の縮れた形状が伸縮性と弾力を与えるため、その用途は多様性に富み、糸と生地の構造によりすべての季節に適した製品を作ることが可能です。



風合い:
カシミヤとキャメルヘア
美しい表面とドレープ性を持ち、贅沢で柔らかい生地が作られます。

羊毛
柔らかく、しかも伸縮性と弾力性があります。



自然色:
カシミヤ
グレー、ブラウン及びホワイト

キャメルヘア
ゴールデン・タン

羊毛
ホワイト



染色性:
カシミヤ、キャメルヘアおよび羊毛
多くの染料に対して親和性に富み、非常に多様な色に染めることが出来ます。



優れた混紡:
カシミヤ
ピュアなバージンカシミヤ繊維(*)は100%のまま、あるいは羊毛やシルクとの混紡で使用されます。カシミヤとナイロンとの混紡あるいはカシミヤ・ナイロン・ウールの3者混の場合は、品質が劣る再生カシミヤ(**)が使用さている可能性があります。一方、ナイロンは靴下やその他のニット製品でバージンカシミヤ繊維と混紡されることもあります。

キャメルヘア
ピュアなバージンキャメルヘア繊維(*)は100%のまま、あるいは羊毛との混紡で使用されます。キャメルヘアとナイロンとの混紡あるいはキャメルヘア・ナイロン・ウールの3者混の場合は、品質が劣る再生キャメルヘア繊維(**)が使用さている可能性があります。一方、ナイロンは靴下やその他のニット製品でバージンキャメルヘア繊維と混紡されることもあります。

羊毛(ウール)
バージンウールはそのままで非常に優れた特質をもつ繊維ですが、用途により多くの種類の繊維と混紡できる多様性に富みます。カシミヤやシルクと混ぜてさらに高級感を持たせることもできますし、用途によっていろいろな繊維と混ぜることができます。スポーツ衣料や技術的特性を持つ衣料用に合成繊維と混ぜて使用することもあります。



衣料の手入れ:
カシミヤ、キャメルヘア、羊毛
織物製品にはドライクリーニングが適切ですが、ニット製品は手洗いもできますし、製品の種類やモデルによってはマシンウオッシュも可能です。



最終用途:
カシミヤ、キャメルヘア、羊毛
紳士・婦人コート、ジャケット、ブレザー、スカート、靴下、セーター、手袋、スカーフ、マフラー、帽子、ローブ



*バージン繊維:
カシミヤ、キャメルヘア、羊毛
いかなる加工もされていない新しい繊維、またはそれが初めて糸、生地、衣料に加工された繊維



**再生繊維:
カシミヤ、キャメルヘア、羊毛
既に織られたり不織布に加工され、消費者によって既に着用さてれたか未着用の状態の端切れや生地から回収された繊維

itma 2019



CCMI 6 Beacon Street | Boston MA 02108 | info@cashmere.org


© 1999-2019 CCMI. All rights reserved