logo Algraph & Wolly Design
どうしたらカシミヤ製品とスーパーファイン・ウール製品の偽装表示品被害を避けることができるでしょうか

カシミヤ

• 本物に馴染んでください。いわゆるバーゲンに気を付けてラベルの奥にある本当の品質を見抜いてください。カシミヤは希少で非常に高級な繊維です。世界のカシミヤ原料の生産量は衣料用羊毛生産量の約%にしかすぎず、生地や衣料の価格は希少性を反映します。
• カシミヤまたはカシミヤ混製品を購入されるときは貼付ラベルと下げ札に記されたカシミヤ比率表示に注目してください。ときにより小売店は「カシミヤ」とか「カシミヤ混」と下げ札に記載しますが、実際に製品に含まれているカシミヤは10%以下のこともあります。実際のパーセンテージの記載がなければすべての国の法律(以下の例)に反します。
• 米国公正取引委員会管轄下の「毛製品表示法」
• EUにおいて2011年9月27日に施行された規則 (EU) N. 1007/2011
• 日本の繊維線品の表示に関する家庭用品品質表示法
• 中国繊維製品混用率表示基準 FZ/T01053
• カシミヤの購入と偽装表示に関する詳細(英語)はここをクリックしてください。 LINK


Super S ラベルを表示したウール製品


• カシミヤと同様製品に馴染みをもたれることが重要です。ファイン・ウールおよびスーパーファイン・ウールで織られた生地は通常スーツやファーマル・ウエアに使用されます。これらの製品の価格が安いものは多くの場合ポリエステル、レーヨン、アクリルなど他の繊維を混紡したものです。
• スーパーファイン・ウール製のスーツやその他の衣料を購入されるときはラベルに記載されている “Super xxx’S”, “Extrafine xxx’S”, “Merino xxx’S” その他“xxx’S” などの情報に注目してください。xxx の数字は80から250まで定められていますが、通常は100 から 160 の範囲です。これらの数字は生地が100%スーパーファイン・ウールで織られていることを示しています。これらの数字を表示しながら主要な生地(ライニングを除く)の繊維混用率表示ラベルに他の繊維を表示しているものは偽装表示品と考えられます。
• “Super S”の数字が大きいほどウールの繊維直径が細いことを意味します。”Super 120’s” には ”Super 100’s” より細いウールが使われています。細いウールほど高価で、柔らかくより軽い衣料の製造を可能にします。隣接したクラスを手触りで判別することは殆ど不可能ですが、3以上クラスが異なると生地なら判別することが可能です。
• “Super S” や “Superfine Wool 部会“についてもっとお知りになりたいかたはここをクリックしてください。 LINK

itma 2019



CCMI 6 Beacon Street | Boston MA 02108 | info@cashmere.org


© 1999-2019 CCMI. All rights reserved